女性に見られる薄毛の原因とは?

20代でも薄毛に悩む女性が増えている!
薄毛というと、男性がなるというイメージでしたが、昨今では女性の中にも薄毛で悩む人が多く見られます。
特に多い年代は40代を過ぎ、更年期を迎えた女性ですが、20代や30代といった若い年代でも悩む人が増えているのです。
では、若い女性が薄毛になってしまう要因には何があるのでしょうか。
今回は若い女性の薄毛の原因について解説していきます。

無理なダイエット

一番多い原因はダイエットによる栄養不足です。ご飯の量を極端に減らす、バナナやリンゴだけの単品ダイエットといった食事制限で必要な栄養素が足りなくなってしまうのです。
元々栄養素は、心臓などの重要な器官から優先して運ばれます。髪の毛は優先度が低く、十分な栄養が髪に行かないため抜け毛が増えていってしまいます。
その結果、気がついたら髪が薄くなっているといった事態になってしまうのです。

また、無理なダイエットを続けることで、ホルモンバランスが乱れ生理不順を引き起こす場合があります。
極端な食事制限はせず、バランスのよい食事や、適度な運動で健康的に痩せることを目標にしましょう。

過度なストレス

今の時代、女性の社会進出の影響で、仕事や人間関係といったストレスを感じる機会が多くなりました。
溜め込んだストレスを発散することができずに、ひどいときには一部の髪がごっそり抜ける円形脱毛症を引き起こすこともあります。
趣味や、運動で体を動かすといった、自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。

偏った食事

揚げ物やインスタント食品など、乱れた食生活によって薄毛になることがあります。
健康的な髪が生えるための栄養が足りないと、髪の質がどんどん下がっていきます。日頃から、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

睡眠不足

髪の成長を促す成長ホルモンは、午後10時~午前2時の間に多く分泌されます。
当然、その時間を過ぎて夜更かしをしてしまうと、髪の成長を妨げてしいます。
夜は遅くても12時までには眠るように心掛けましょう。

この他にも、パーマやカラーを繰り返すことで、頭皮が傷んでしまい薄毛になる場合もあります。
女性にとって髪は命とも言われるくらい重要なパーツです。
実際に、ボリュームのない髪や、傷んでパサパサになってしまった髪の女性は老けて見られることも。
コシのある艶やかな若々しい髪を守るためにも、日々の生活習慣を見直していくことや女性 育毛剤などを利用することが大切です。
自分が薄毛になった原因を追求し、抜け毛や薄毛を改善していきましょう。